看護師 業務

保健分野で働く看護師について

看護師は医療機関以外でも活躍しています。看護師の資格をベースに保健師の資格を取得すれば全国の保健所や市区町村の保健センターで働くことが可能です。この場合は公務員の看護師として働くことになります。保健所や保健センターは地域の住民が病気にならないように予防したり衛生的な生活が遅れるようにサポートする役割を担っています。

また、乳幼児の発達相談や生活習慣病の健診、結核、エイズの検査、育児教室や病気予防教室を開くなど、地域の保健に関わる仕事をしているのです。

保健師というのは多くは公務員として地域の役所の業務の元で働き、平日の日勤の仕事となるのでとても人気の高い職種ですね。看護師で夜勤がツラい人で保健師で働きたいという人も多くいます。

また、献血バスで採血する仕事をしている看護師もいます。日本赤十字センターの職員や献血スタッフとして働いている看護師もいるのです。献血センターでは移動できる献血バスがあります。移動バスでは各地に赴き献血をしています。看護師は献血をサポートする仕事もしているのです。

大きな会社では従業員の健康を守るために健康管理室や健康管理センター、医務室などを抱えています。そこで働いている看護師は職場のストレスによって心の病を発症している人のケアを行います。また中年男性に多く見られるメタボリックシンドローム対策も行います。企業で勤務する場合は24時間体制ではないので時間的に余裕を持って働けますよ。

 

サイトマップ