看護師 業務

看護師による患者さんのケアについて

忙しい時に限って患者さんが話しかけてくると感じる看護師がいるようです。看護師は仕事で忙しいことが多いですから、確率として忙しいタイミングと患者さんが声を変えてくるタイミングが一致することが多いかもしれません。

しかし忙しい時に話しかけられたとしてもそれを顔に出さないように気をつけましょうね。どんなに忙しくてもまずは仕事の手を休めて患者さんの話を聞いてあげることが大切です。何かをしながら話を聞くことは厳禁です。普段看護師どうしで話をする時のクセでついやってしまうかもしれませんが、同僚相手に話をするのと患者さんと話をするのとでは対応は違って当たり前です。

患者さんからすれば大切な話をしているにもかかわらず看護師は話を聞いてくれないと感じるでしょう。どんなに業務が立て込んでいるかなど患者さんにはわからないことですから。声をかけられたら忙しくてもまずは仕事の手を止めましょう。いったん仕事の手を休めて患者さんの声に耳を傾けます。どうしても手が離せない状態の時には患者さんも話しかけてはいけません。手を話すことができるので話しかけてくるのですから。

どんな些細なことであっても患者さんの話に真剣に耳を貸す看護師は印象がよく映ります。ほんの数秒でもいいので、患者さんの話に耳を傾けてあげましょう。

患者さんと話をする時、ケアをするときにはまずは声をかけましょう。どんなに高齢の人であっても意識がはっきりとしてりない人であっても声を掛けてからケアを行いましょう。特に体を触る場合は患者さんに不快に感じさせないように声掛けを行ってからケアを始めましょう。

 

サイトマップ