神戸 看護師 求人

看護師として習得しておきたい言葉

看護師の人が心がけておきたいことがあります。それはあいさつです。スキルや看護能力ももちろん大事ですが挨拶によって周りを良い雰囲気にさせるということも忘れないようにしてください。

最近はハローワークで求人を探す看護師、そしてインターネットの求人サイトなどで求人を探す看護師とさまざまな看護師がいますが、どんな職場に行くにしても自らの行動というものが重要になるのは変わりはないですからね。
看護師@ハローワーク

では具体的な行動についてですが、気持ちの良い挨拶は周りの人も元気な気分にさせます。長く入院している患者さんは気持ちが沈んでいることも。そんな患者さんに対して毎日気持ちの良い挨拶をしていれば患者さんの気持ちも徐々に明るくなっていくのではないでしょうか。看護師は病院内の雰囲気を良くするためにきちんと挨拶をしましょう。

もちろん患者さんに対してだけではなく、病院内のスタッフ同士でも挨拶は必要です。口だけでするあいさつには良い印象は受けません。言葉だけでなく、目線、表情、動作なども良い印象を与えるためには必要なこと。気持ちの良い挨拶をしましょうね。

看護師として上手に使いたい言葉があります。まずは患者さんからの確認などをされるときに頷くだけの看護師がいます。これはだめですね。「はい」「いいえ」など、その時に応じて返事も行いましょう。朝は「おはようございます」と気持ちの良い挨拶をすること。

さらに、患者さんを長らく待たせているのであれば、笑顔とともに「お待たせしておりました」と一言添えるとずいぶん印象が良くなります。診察が終わった時には「お疲れさまでした」「お大事に」の言葉もうれしいですね。患者さんだけでなく、その家族の人にも良い印象を与えることができるでしょう。

看護師は「白衣の天使」ということを以前はよく言われていましたが、最近は激務などに影響もあるのか、看護師自身、そのように言われることをあまりよく思わない人も増えてきています。しかし、「看護師にしかできないこと。それは看護のスキルのことを言っているのではなく、患者さんの病棟生活をより良くするためのサポートだ」というのは、多くの医師や病院関係者が認めていることなのです。

 

サイトマップ